2013年10月24日

プロピオン酸菌とは

ビフィズス菌が増える特別な菌の特別なチカラ!CMでもお馴染みの「プロピルヨーグルト」

本来、乳酸菌やビフィズス菌の多くは腸に届く前に死んでしまいます。一方で、プロピオン酸菌は、体内の善いものを活性化して増やす働きがあり、腸まで生きて届く優れもの。なんでも、腸内細菌群は一人一人異なるため「市販のヨーグルトがすべての人の腸に有効なわけではない」のだそうです。その点プロピオン酸菌は、既に腸内にあるビフィズス菌を増やしてくれるので、あらゆる人にとても有効だとか。

つまり毎日新鮮な「プロピル」を食べることで生きたプロピオン酸菌が補給され、健康に役立つのだそう。

<引用元:Pouch>

生きたプロピオン酸菌が腸に届く
プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」
今注目の第三世代プロバイオティクス!CMでもお馴染みの「プロピルヨーグルト」
posted by kxyiuuih47 at 12:08| Comment(0) | プロピオン酸菌について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。